狩猟の魅力

HOME[狩猟への誘い]狩猟の魅力

狩猟の意義

狩猟とは、一般的には野生の鳥獣を銃やわな・網などを使って捕獲することをいい、野生鳥獣のことを何よりも深く知る必要があります。

明治以降、我が国では趣味・娯楽(レクリエーション)として、また肉や毛皮を得るために、各種法令に基づき狩猟が行われてきました。さらに、田畑などを荒らす鳥獣を捕獲(駆除)すること、増えすぎた鳥獣の数を間引くことも狩猟の大きな役割です。最近ではアライグマなどの外来種が生態系などに大きな影響を及ぼしていて、その駆除も重要な狩猟の役割です。

本来の狩猟は、その対象となる野生鳥獣を獲り尽くしてしまうことはありません。捕獲数を制限する、鳥獣の繁殖期は禁猟とするなど、豊かな自然環境の中で鳥獣が適正な数を保って生息できる、いわば持続的な捕獲ができるように調整や制限が行われています。

狩猟は、欧州などではキングオブスポーツともいわれ、野生鳥獣との知恵比べは何物にも代えがたいものです。また、結果として野生生物の生命を頂くものですが、単なる捕獲・殺生ではなく、生息数の調整などその管理を内在するもので、狩猟者には進んで生息環境の保全や保護増殖への協力が求められています。

狩猟者の役割

我が国では、かつては狩猟は趣味・娯楽の一環として理解されていました。 しかし、現在では、ニホンジカ、イノシシなどの生息数の増加により貴重な自然環境や農林水産業に大きな影響(被害)が及んでおり、その個体数調整(管理)の必要性が増大し、 「野生鳥獣の保護・管理の担い手」としての狩猟者の社会的役割が増大しています。

また、クマやイノシシなどが生活域に出没し、住民の安全を守るための捕獲が増加しています。野生鳥獣の捕獲ができるのは狩猟者だけであり、今や狩猟は、社会貢献の手段の一つとしても位置づけられています。

猟銃を使用する狩猟は、危険と隣合わせでもあります。狩猟者は、鳥獣保護管理法や銃刀法などの関係法令を遵守し、事故防止に努めるのはもとより、常に狩猟に関する知識や技能の向上に努め、これらの社会的な要請に応えていくことが求められています。

狩猟者は、地域の自然環境に精通していることから、「自然のモニター」として野生鳥獣の調査に協力することも大切な役割です。 また、野生鳥獣の生命を頂く以上、捕獲の時に極力苦痛を与えないようにするとともに、捕獲した鳥獣の有効利用に努めることも重要です。

狩猟の楽しみ

狩猟には、まず、山、森、川、海、湖といった自然を体感しながら野生鳥獣と出会うという楽しみがあります。 野生の生きものを追い、知恵比べをすることは、究極の自然との付き合い、アウトドアレクリエーションとも言えます。

また、狩猟には、自らの知恵と腕で、愛犬や猟友とのチームワークにより獲物を狩るという楽しみがあります。さらに、狩猟の原点である食べものとしての肉(ジビエ)や革を得るということも大きな楽しみです。

獲った獲物の鍋を囲んで猟仲間とその日の猟を振り返るのは、狩猟者の最大の楽しみと言ってもいいでしょう。秋の猟期になってジビエから季節を感じることができるのも、狩猟の大きな喜びです。

英国では伝統的な貴族や富裕層のたしなみとして王室の者も好んで狩猟を行うと言われており、また、欧米では狩猟は特別のことではなく、一般的な趣味の一つとして多くの人が狩猟を楽しんでいます。 歴史・伝統が渾然一体となって、狩猟の奥の深さ、幅の広さが生み出されているのです。

ページトップへ