狩猟者数の推移

HOME[狩猟関係情報]狩猟者数の推移

狩猟免許交付数の推移

狩猟免許制度が現在のような試験制度になった昭和54年度(1979年度)においては、免許交付数は約45万件で、そのほとんどは銃猟免許であり、網・わな猟免許の発行数は約1万件ほどでした。現在では約20万件の狩猟免許(ただし重複所有者あり)が交付されています。

その後次第に銃猟免許は減少し、一方でわな猟免許は近年増加し、現在では銃猟免許を上回っています。

狩猟免許交付数の推移

年代別狩猟免許交付数の推移

狩猟への新規参入者は、平成の時代になって大きく減少し、結果として狩猟者全体数の減少と高齢者の割合の増加となっています。

年齢別狩猟免許交付数の推移

ページトップへ